[砂崎知子] 烏城/砂崎知子箏作品集(2)

サイト内キーワード検索

烏城/砂崎知子箏作品集(2)

うじょう/すなざきともこ・こと・さくひんしゅう・2

砂崎知子

すなざき・ともこ

VZCG-804(CD) 2,500円+税

発売日: 2016年5月18日 / ジャンル: 箏曲


▼曲目一覧

作品紹介

際立つ演奏力で〈箏〉の新たな可能性を切り拓いた砂崎知子!
その優れた演奏技法のすべてが注ぎ込まれた珠玉の創作曲アルバム!

砂崎知子さんは、音楽家の以前にまず詩人である。言葉に生きる抒情詩人ならぬ抒情音楽家。その作曲・編曲、そして何より演奏表現のエモーションに抒情がある。超絶技巧の名手といわれ、演奏技術が先行して、聴く者に眩暈(めまい)を感じさせるお人であったとしても、その奥に豊かで柔らかなリリシズムが根を張っている。・・・(中略)・・・

平成22年度、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した時の評言に、箏曲演奏家砂崎知子の芸歴の豊さと、音楽家としての個性が端的によく示されている。たとえば、「現代的な感覚」というときの真意は、砂崎さんの抒情の現代感覚の謂(いい)であり、「意欲的なプログラムの企画」は、選曲の妙にある。また、砂崎さんの「芸術性の高い演奏」はつとに有名であったが、様々の楽器群の中で示した箏独奏の底力がみごとに実証され、わが音楽界に広く公認される好機ともなった。

―田中英機(くらしき作陽大学客員教授)ライナーノーツより―

●砂崎知子(すなざきともこ)プロフィール

岡山市出身。東京藝術大学邦楽科卒業、同大学院修了。宮城喜代子、小橋幹子、上木康江の各氏に師事。東京藝術大学講師、大阪音楽大学教授、洗足学園音楽大学邦楽科客員教授を歴任。

国内外における活発な演奏活動により、リサイタルはのべ30回を越す。1987年第17回リサイタルにて文化庁芸術祭賞受賞。1999年大阪ドーンセンターでのリサイタルにて大阪文化祭賞受賞。2011年津田ホールでのリサイタル「協奏曲の夕べ」にて芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

ビクターよりソロアルバム「ベストテイク」発売。また「琴ヴィヴァルディ四季」(東芝EMI・1975年)などクラシックを箏で演奏する画期的なレコードを発売、異例の35万枚を売り上げ、その後CD化に至る。2007年より日本コロムビアより宮城道雄作品集シリーズ「春の海」「水の変態」「越天楽変奏曲」を順次発売、純邦楽CDランキング1位を獲得。2016年5月に砂崎知子箏作品集のCDを発売。 2006年開軒40周年記念リサイタルを国立劇場にて開催。2007年から2011年にかけて全国ツアーで国内29カ所を廻る(その後も続行中)。

現在、全国小中学生箏曲コンクール、全国高校生邦楽コンクール審査員。その他NHKTV「にっぽんの芸能」、FM放送「邦楽百番」に多数出演。東京・大阪・岡山に教室を持ち、多数の門人指導にあたっている。箏道音楽院代表。

収録曲

1

烏城

(08'09")

うじょう

作曲:砂崎知子
唄・箏Ⅰ:砂崎知子鈴木綾子、唄・箏Ⅱ:堀田けい子野口悦子、十七絃:高畠一郎、尺八:田辺洌山武田旺山

2

祈りの夏

(08'08")

いのりの・なつ

作曲:砂崎知子
箏独奏:高畠一郎

3

風のエチュード

(09'08")

かぜの・えちゅーど

作曲:砂崎知子
箏Ⅰ:高畠一郎、箏Ⅱ:細川真紀

4

さくらさくら

(05'22")

さくら・さくら

作曲:砂崎知子
箏Ⅰ:砂崎知子、箏Ⅱ:細井美欧、十七絃:野口悦子

5 - 7

(09'21")

ブルーラブ

作曲:砂崎知子
箏Ⅰ:堀田けい子、箏Ⅱ:砂崎知子

5

第一章  輝く波

(03'24")

だいいっしょう・かがやくなみ

6

第二章  追憶

(03'01")

だいにしょう・ついおく

7

第三章  ブルーラブ

(02'56")

だいさんしょう・ぶるーらぶ

8

四万十川

(07'58")

しまんとがわ

作曲:砂崎知子
唄・三絃:内田道子、箏:高畠一郎、尺八:田辺頌山

time:0.31 s