会津磐梯山のすべて

あいづばんだいさん・の・すべて

増井美千代 現地の皆さん

ますい・みちよ

VZSG-10253 (カセット) 1,100円+税

発売日: 2004年8月5日 / ジャンル: 民謡


▼曲目一覧

作品紹介

「会津磐梯山」「かんしょ踊」
 メロディのルーツは福島県会津地方の東山温泉一帯の盆踊り唄で、この踊りは夜を徹して熱狂的に踊るところから「気違い踊り」の意味を持つ「かんしょ踊」と言われていました。小唄勝太郎が和洋管弦伴奏で昭和九年にビクターでレコード化した際、唄いだしの文句をとって端唄「会津磐梯山」と改題して発売したところ大ヒットして有名になったものです。その時に作詞家の長田幹彦が、一部の歌詞や、≪小原庄助さん 何で身上潰した…≫という有名な囃子言葉を新たに作ったのです。
 「かんしょ踊」は非常にテンポが速く、歌も伴奏も難しいのですが、最近はその速いテンポが受けて、現地でよく踊られています。
今回は、現地の皆さんによる「正調 会津磐梯山」「かんしょ踊」「会津磐梯山」から始まり「かんしょ踊」で盛り上がって終るもの、そして「会津盆踊(東山盆踊)」の四つのスタイルの「会津磐梯山」を収録しました。

収録曲

Side

A

1

正調 会津磐梯山

せいちょう・あいづばんだいさん

福島県民謡一部作詞長田幹彦
増井美千代鈴木しのぶ 三味線鈴木徹 長嶺芳一 太鼓東瀬敏美馬場幹夫 鈴木貴美 囃子山田久子稲澤玲子

2

かんしょ踊

かんしょおどり

福島県民謡
稲澤玲子 三味線鈴木徹 長嶺芳一 太鼓東瀬敏美馬場幹夫 鈴木貴美 囃子増井美千代鈴木しのぶ

Side

B

1

正調 会津磐梯山かんしょ踊

せいちょう・あいづばんだいさんかんしょおどり

福島県民謡一部作詞長田幹彦
唄・囃子稲澤玲子増井美千代鈴木しのぶ 三味線鈴木徹 長嶺芳一 太鼓東瀬敏美馬場幹夫 鈴木貴美 囃子山田久子

2

会津盆踊(東山盆踊)

あいづぼんおどり(ひがしやまぼんおどり)

福島県民謡
唄・囃子稲澤玲子増井美千代鈴木しのぶ 三味線鈴木徹 長嶺芳一 太鼓東瀬敏美馬場幹夫 鈴木貴美 囃子山田久子

time:0.08 s