[木下保](テノール) 木下保の藝術〜信時潔、團伊玖磨 歌曲集〜

サイト内キーワード検索

木下保の藝術信時潔、團伊玖磨 歌曲集

きのした・たもつ・の・げいじゅつのぶとき・きよし、だん・いくま かきょくしゅう

木下保(テノール)

きのした・たもつ

VZCC-1042(CD) 2,667円+税

発売日: 2011年3月2日 / ジャンル: 歌曲


▼曲目一覧

作品紹介

1920年代から1980年代に至る「昭和」という時代を歩んだテノール歌手 木下保の歌曲集です。

1903年に生まれた木下保は、1927年の新交響楽団(現NHK交響楽団)による「ベートーヴェン没後百周年記念演奏会」の交響曲第9番のソリストとしてデビューし、欧米留学帰国後は、東京音楽学校などで教育活動を行ないました。1935年からは継続して独唱会を開催し、欧州で得た多くのドイツリートの紹介に取り組みました。また欧州で日本の歌を紹介する機会を得、日本歌曲への課題を痛感し、戦後は信時潔、山田耕筰、平井康三郎といった日本歌曲の研究に注力しました。オペラ出演も果たし、團伊玖磨の作品《夕鶴》与ひょう役は、生涯で125回演じ、また合唱指揮者としては、戦後の全日本合唱連盟発足の序章ともなった1946年の関東合唱連盟の設立で、初代理事長に選任されています。

本作品は、木下保が生涯をかけて取り組んだ「日本歌曲」を収録するアルバムで、信時潔、團伊玖磨の作品を歌う歌曲集です。木下が信頼をよせていた作曲家、信時潔の作品を全8曲、そして《夕鶴》公演で各地を一緒に回り行動を共にした、團伊玖磨の作品を全9曲歌っています。信時作品は、京都の大谷楽苑選定の讃仰歌(さんごうか)である「みほとけは」にはじまり、1944年にニッチクレコードから発売されたSP盤音源「つなで」「幻滅」「をみな子よ」、1961年に放送されたNHK第2「朝のリサイタル」より、「茉莉花」「短歌連曲」「寺」「独楽吟」を収録しています。そして、1960年に発売された東芝レコード音源、團伊玖磨作曲「わがうた」「三つの小唄」「笛の音のする里へ行こうよ」「片足」を収録致しました。

収録曲

1

みほとけは

(02'59")

みほとけは

仲野良一作詩 / 信時潔作曲
テノール:木下保 ピアノ:倉橋好子

2 - 4

「小品」

「しょうひん」

北原白秋作詩 / 信時潔作曲
テノール:木下保 ピアノ:水谷達夫

2

つなで

(01'15")

つなで

3

幻滅

(01'48")

げんめつ

4

をみな子よ

(01'00")

をみなごよ

5

茉莉花

(08'13")

まつりか

蒲原有明作詩 / 信時潔作曲
テノール:木下保 ピアノ:大島正泰

6

短歌連曲

(06'51")

たんかれんきょく

與謝野寛作歌 / 信時潔作曲
テノール:木下保 ピアノ:大島正泰

7

(07'20")

てら

清水重道作詩 / 信時潔作曲
テノール:木下保 ピアノ:大島正泰

8

独楽吟

(05'38")

どくらくぎん

橘曙覧作歌 / 信時潔作曲
テノール:木下保 ピアノ:大島正泰

9 - 13

「わがうた」

「わがうた」きたやま・ふゆいちろう・ししゅう「しゅくこんか」より

北山冬一郎詩集 「祝婚歌」より

北山冬一郎作詩 / 團伊玖磨作曲
テノール:木下保 ピアノ:三浦洋一

9

Ⅰ.序のうた

(01'47")

1・じょ・の・うた

10

Ⅱ.孤独とは

(01'43")

2・こどく・とは

11

Ⅲ.ひぐらし

(02'18")

3・ひぐらし

12

Ⅳ.追悼歌

(03'45")

4・ついとうか

13

Ⅴ.紫陽花

(02'08")

5・あじさい

14 - 16

「三つの小唄」

「みっつ・の・こうた」きたはら・はくしゅう・ししゅう「ゆき・と・はなび」より

北原白秋詩集 「雪と花火」より

北原白秋作詩 / 團伊玖磨作曲
テノール:木下保 ピアノ:三浦洋一

14

Ⅰ.春の鳥

(03'03")

6・はる・の・とり

15

Ⅱ.石竹

(01'49")

7・せきちく

16

Ⅲ.彼岸花

(03'29")

8・ひがんばな

17

萩原朔太郎詩集「青猫」より 笛の音のする里へ行こうよ

(02'07")

はぎわら・さくたろう・ししゅう「あおねこ」より ふえ・の・おと・の・する・さと・へ・いこうよ

萩原朔太郎作詩 / 團伊玖磨作曲
テノール:木下保 ピアノ:三浦洋一

18

北原白秋詩集「白秋小唄」より 片足

(01'31")

きたはら・はくしゅう・ししゅう「はくしゅうこうた」より・かたあし

北原白秋作詩 / 團伊玖磨作曲
テノール:木下保 ピアノ:三浦洋一

time:0.21 s